2016年02月27日

日本のマイナンバー(申し込み) 現在アメリカ在住の場合


 日本のマイナンバーシステムが始まりました(2016年1月).

 マイナンバーはアメリカのソーシャルセキュリティ番号に近いシステムだと思います.

 このマイナンバーですが,日本の住民票がないと取得できません.現在,日本国外に在住している日本人だけがマイナンバーを取得できないことになります(現在日本にいて,住民票があり,今後国外に出る人は問題なし).

 現在国外に住んでいる人は,ブーブー文句を言ったところでマイナンバーを取得できません(一部の住民票を持たない日本人のために日本政府が対策を講じるとは考えにくい).すると,早く日本に一時帰国し,一時的に住民票を入れることのみがマイナンバー取得の解決策だと思います(行動第一!).

 全ての生活基盤が日本国外にあり,日本の銀行口座,クレジットカードを持っていない場合,今のところ.マイナンバーを持っていても大きな問題はありません.ただ,日本のマイナンバーの今後の運用拡大については予測できないので,持っていた方が良いと思います.なんとなく,最終的には,運転免許証,相続手続き,日米間の年金手続(「アメリカと日本の年金 」)など,あらゆるIDと結びつけられると思います.


 私の日本の銀行では,アメリカの銀行から日本の自分名義宛に銀行あてに送金した場合,マイナンバーの報告が必要になるそうなので(最終的にはマイナンバーがないと受け取れなくなる),運転免許証の更新を兼ね,日本に2日間一時帰国し住民票を入れてきました.数週間で日本の住所宛にマイナンバーの通知があるはずです.

 今回のデンバーから岩手までの旅行日数は4日間.安い乗り継ぎ便を使ったので,飛行機・移動・日本でのレンタカーでの移動を含め2日要しました.日本で行動できる日数は2日間です.

lax_nrt_2015-02_5007.jpg

 レンタカーの移動中の東北道サービスエリアで食べた仙台みそラーメンと豚焼き定食に大満足..
ramen_2016-02_5014.jpg


 今回,14年ぶりに本籍地の市に住民票を入れることになりました.住民票を入れることにより発生する手続き・注意点は以下になります.
・住民票の住所は日本の家族と同じ住所にしても,自分だけ独立して世帯主になることができます.
・1月1日時点で,その市に住民票を入れていないので市民税の支払いは生じません(12月末までに海外への移転手続きを行います).
・健康保険は強制加入でした(アメリカで健康保険に入っているから不要と言っても強制加入で,その場で健康保険証が発行されました.日本での収入が無いので,保険額は最低限になります.,あだ請求が来ないので不明.)
・国民年金の手続きが必要です(免除手続きをしました).
・マイナンバーは特に申し込みがいらず,今回の住民票を入れたことで自動的に送られてくるそうです.

 あとは,総務省から住民票を入れた住所にマインナンバーが送られてくるのを待つだけです.夏の家族の一時帰国・こどもの約2ヶ月間の小学校への転入(あるいは体験入学,校長裁量による)手続時には,私以外の家族分の住民票を入れ,家族分のマイナンバーを取得する予定です.


 日本1日目の夜.レンタカーは1日単位で料金が大きく変わるので,24時間以内に返却し,仙台空港に比較的近い長町ホテルに宿泊(3900円).スーツケース3つ持っていたので,受付の人から広い部屋の利用を勧められ追加料金を払って変更..
 雪が降って寒く,また,すぐ近くににはコンビニもなかったので,一番近くにあったかぜの子チェーンでたこ焼きを食べました.これも,とてもよかったです.

kazenoko_tako_5052.jpg

 ついでに,仙台づくしビール.ホテル内の販売機で定価販売(良心的).
kazenoko_tako_2016-02_5053.jpg



補足: 新生銀行の場合
このページの引用: http://www.shinseibank.com/mynumber/remittance.html

新生総合口座パワーフレックスを2016年1月以降に開設された方

海外からの送金をお受け取りになるには事前に個人番号(マイナンバー)のお届出が必要となります
お届出が完了するまではお客さまの口座には入金されませんので、お早めにお手続きいただきますようお願いいたします。

shinsei_2016-03-03.png

# 2016年1月に,アメリカの Fidelity 銀行口座から新生銀行へ送金しましたが,翌日に新生銀行の入金しました.新生銀行では外貨口座を持っている場合,ドルのままで受け取りができます.
 


補足: デンバー総領事館からのお知らせ
 ちょうど良いタイミングで,領事館からマイナンバーに関するメールマガジンが届いたので紹介します.

「平成28年メールマガジン第5号(2016年3月2日送信)」

●マイナンバーを有しない人が日本に送金する場合について

 わが国においては昨年10月からマイナンバー制度が開始していますが、日本国に居住していない
(住民登録をしていない)方にはマイナンバーは付番されないことは、既にみなさまにご案内申しあげ
ているとおりです(平成27年11月23日送信メールマガジン第32号)。
 最近、海外に住んでいる人はマイナンバーがないため、外国から日本の口座に送金しようとしても、
日本の銀行側で拒否される、という懸念が流布し始めています。この点につきまして、金融庁は、マ
イナンバーがないことのみを理由に金融機関が送金または送金された金銭の払出しを拒否すること
はない、と述べていますので、みなさまにお伝えします。ただし、日本に住んでいないことを当該金融
機関に届出ておく必要があるようです。
 この件ついての詳細は、どうぞ以下のサイトをご参照ください。

内閣府
  ・金融機関における非居住者が行う国外送金手続きとマイナンバーについて
  http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/bangoseido/pdf/280222_kokugaisoukin.pdf

  ・マイナンバー社会保障・税番号制度
  http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/bangoseido/


追加補足: マイナンバー取得
  住民票を入れた後,約19日でマイナンバーを取得できました.



関連ページ

「usajpn.com | アメリカのカレンダー・イベント・航空・生活情報」
 http://usajpn.com/

「アメリカのソーシャルセキュリティ番号 社会保障」
 http://usajpn.com/ssn

posted by ぶちぶち at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ生活 航空 日本滞在
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/174252600
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック