2020年01月12日

OECD PISA 日本とアメリカの順位の変化


 OECD(経済協力開発機構) PISA(学習到達度調査) のアメリカと日本の順位の変化についてまとめました.
「OECD PISA 学習到達度調査」  https://usajpn.com/pisa

pisa_2018_reading.png

 PISA2000 から PISA2018 までの変化をグラフにしています.

・日本とアメリカの読解力・数学的科学的リテラシーを比較すると,日本の方が高順位
・PISA2018 の読解力で,初めて,日本がアメリカに追い越される
・PISA2018に3分野全てで,日本の準備は中国4地域(北京・上海・江蘇省・浙江省)・シンガポール・マカオより下位.数学では香港・台湾より下位.



関連コンテンツ

「キッズ・アメリカの学校・教育」
 http://usajpn.com/edu

「アメリカの学校 教育課程 K-8」
 http://usajpn.com/k28

「アメリカの高校」
 http://usajpn.com/high

「帰国子女・帰国生・アメリカの住む日本人生徒の進路」
 http://usajpn.com/kikoku

「アメリカにある日本語学校・補習校のリスト・意義」
 http://usajpn.com/japanese_school

「usajpn.com アメリカ生活・教育情報 トップ」
 http://usajpn.com/top




関連プロダクト
アマゾン(日本):  池上彰の「日本の教育」がよくわかる本


アマゾン(日本):  文部省の研究 「理想の日本人像」を求めた百五十年
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187032384
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック